歴史 中台上覧囃子沿革史

川越付近の囃子は、川越祭りと共に発つ囃子に於いてもその心に変わりないのである。実に神聖そのものなのである、故に服装等に於いても威儀を正して五ッ紋の、のしめを着するのである。中台と志義町(仲町)との関係は中台が旧藩時代に川越志義町入会の地であった関係上、色々の面で結ばれていたもので、志義町山車の引き初めより中台の連中が乗り現在に至っているものである。文久二年現在志義町の山車改造の時には坂本文右ェ門、小山伊右ェ門等連中一同新河岸より材料を肩で運搬したと伝えられている。

無論中台の囃子はそれ以前に里神楽として実在していたもので、やはり川越祭りと共に凡そ二百余年前初められ、その後年を経て文久の頃江戸高井戸より神田祭りで七本の山車を吹き抜いたと云う笛角と云う名人来り坂本丈右ェ門、小山伊右ェ門其の他新しく神楽囃子を教えて現在の骨格が出来上がったのである。

無論中台の囃子はそれ以前に里神楽として実在していたもので、やはり川越祭りと共に凡そ二百余年前初められ、その後年を経て文久の頃江戸高井戸より神田祭りで七本の山車を吹き抜いたと云う笛角と云う名人来り坂本丈右ェ門、小山伊右ェ門其の他新しく神楽囃子を教えて現在の骨格が出来上がったのである。


其の後時は移り明治維新となり囃子の上に一大変革が行われた。当時囃子で有名な松平不味候の御抱くの囃子方で囃子に於いては当時日本一の評判のあった王蔵金と云う人あり、その人と如何なる関係であったかは不明なるも兎角その王蔵金なるものが中台の地に来り、小山慶次郎の土蔵の中で十日間も昼夜通し稽古をして、当時の中堅小山慶次郎、坂本丈之助、坂本三代松、田中兵三郎氏等に熱のある指導をされたのである。

それで今まで囃子を骨子として悪い所は、捨て江戸囃子の好い所を加へ、笛太鼓舞鐘あらゆる面に大手術をし現在の様な立派な囃子が再編されたのである。

其の後、長期に亘り囃子の奥義が伝授され、連中一同の熱心なる努力が相俟って、当中台上覧囃子の良さは世評の認むる所なり他村より教を乞う者多く、岸・大塚新田・南大塚・豊田・小室・笹井・鹿山等、当時中台の教えを受け現在に続いているものである。

当時称して王蔵流と云い囃子の種目としては、屋台・鎌倉・鎌倉攻・本聖殿・宮聖殿・いんば・大間聖殿・四丁目・キリン・カッコウ・カイゼン・カメイド・トッパートーガク・神田丸・矢車返等多種多様のものがあったと云う。今その幾つかの曲目が伝わっていない事は非常に遺憾の極みである。


中台囃子連中の歩み
明治32年3月
中台壮年者組合が創設される。
昭和25年10月
全国茶業大会が川越で行われ、祭り囃子聞く会に出演する
囃子をNHKが録音し全国放送(ラジオ放送)される。
昭和27年10月
市主催の芸能祭に出演する。
12月
市内熊野神社にて舞のコンクールが行われる。
昭和28年1月
東京米兵7師団(麻布)及びAB本部に出張演奏する。
10月
中台壮年者組合50周年記念として切組干櫓を建設する。
昭和31年10月
市作成川越祭スライド用の録音を行う。
昭和33年4月
川越市指定無形文化財に指定される。
昭和34年3月
埼玉県指定無形文化財に指定される。
10月
KRテレビ(現テレビ東京)で全国放送される。
昭和35年3月
埼玉県観光協会の合同キャラバン隊に参加する。(埼玉県・神奈川県・千葉を巡る。)
昭和37年7月
市主催の郷土芸能祭に出演する。
11月
埼玉県無形文化財収録映画の撮影が行われる。
昭和38年4月
屋台の改造を行う。
8月
県産業文化展に出演する。(川口市)
昭和39年6月
市民会館落成記念公演に出演する。
昭和42年7月
埼玉会館での郷土芸能大会に出演する。
10月
埼玉国体を祝して川越祭りが21から23日にわたり盛大に行われる。
11月
埼玉県小学校音楽教材の録音を行う。
昭和43年11月
埼玉県文化財保護委員会結成10周年記念大会に出演する。(埼玉会館)
昭和45年5月
埼玉県福祉大会のアトラクションに出演する。(埼玉会館)
昭和46年9月
文化庁移動芸能祭第13回関東甲信越民族芸能大会に埼玉代表として出演する。(埼玉会館)
11月
埼玉100周年記念祝典のアトラクションに出演する。
昭和47年3月
市民会館で行われた件文化財保護行政研究会に子供会の囃子が出演する。
4月
川越市囃子連合会が設立される。
12月
川越市市制50周年記念民族芸能大会に出演する。
昭和48年5月
県子供会大会に子供会の囃子が出演する。(埼玉会館)
7月
関東ばやしコンクールに出演する。(小川町)
昭和50年3月
大間聖殿の笛の稽古をはじめる。
昭和53年3月
福原小子供会に子供会の囃子が出演する。
昭和56年9月
川越市中央公民館にて舞の研修会が行われる。
(講師・・天狐=小島興七・モドキ=山田紀一・天太=梅沢庄太郎)
昭和57年1月
中台3丁目自治会館凌竣工式にて囃子を演奏する。
昭和59年10月
羅陵王の山車が修復され、完成祝賀会が行われる。
昭和60年1月
中台2丁目自治会館竣工式にて囃子を演奏する。
昭和61年8月
埼玉県中国山西省芸能派遣団の一員として初めての海外公演を行う。
昭和62年1月
埼玉県より「文化ともしび賞」をいただく。
昭和63年1月
高階南公民館にて川越祭囃子基本のビデオを撮影する。
5月
埼玉博に出演する。(熊谷市)
平成2年4月
国際花と緑の博覧会に出演する。(大阪府)
11月
福原100周年記念の伝統芸能鑑賞会に出演する。
平成3年11月
姉妹都市の小浜市40周年産業フェァーに出演する。(福井県)
12月
川越ケーブルテレビ開局記念アトラクションに出演する。
平成4年5月
アメリカジャパンウィークに参加し、ポートランド市・セーラム市で海外公演を行う。
7月
川越市囃子連合会20周年記念で坂本長治氏・小島與七氏・山田紀一氏表彰される。
11月
第1回の王蔵流交流会が脇田町で開催される。
平成5年3月
中台1丁目自治会館竣工式にて囃子を演奏する。
9月
川越祭りキャンペーンに参加し、池袋三越で演奏する。
平成6年5月
川越市卸売市場開場記念のアトラクションに出演する。
平成7年12月
町村合併40周年芸能大会に出演する。
平成8年6月
県民文化センターの民俗芸能公演に出演する。(岩槻市)
11月
静岡県大須賀町で行なわれた「全国まつり囃子競演会」に出演する。
11月
栃木県栃木市で行われた「小江戸サミット」で演奏する。
平成9年10月
第3回高崎伝統芸能まつりに出演する。
平成10年2月
埼玉県インド文化交流使節団の一員としてインドで海外公演を行う。
5月
静岡県大須賀町より舞の指導を受けに遥々川越まで来る。
平成11年1月
東京ドームで行われた「ふるさとフェアー1999」アトラクションに出演する。
11月
全国園芸鉢物研究大会のアトラクションに出演する。(大宮市)
平成12年6月
王蔵流交流会を当地で開催し、狭山市の笹井囃子連も初めて参加する。
11月
滋賀県水口町で行なわれた「全国曳山囃子大会」出演する。 
  • 中台囃子連中について
  • 山車の紹介
  • 歴史
  • 活動内容
  • 活動実績
  • お問合せ
  • スタッフ紹介
川越祭り公式サイト