川越祭り 中台囃子連中
お知らせ・活動報告
中台囃子連中について
中台囃子連中について

中台の囃子は、「王蔵流」で、葛西囃子を源流として独自の工夫を加えた川越地方を代表する特色のあるものである。かつて城主上覧の栄光から上覧囃子といわれ、昭和34年(1959)に、埼玉県無形民俗文化財に指定されている。
曲目には、力強くテンポの良い「ハヤ」と言われる「屋台」をはじめ、「静かもの」と呼ぶ「鎌倉」、「鎌倉攻め」、「宮聖殿」、「いんば」、「子守歌」、「数え歌」、「四丁目」、などがある。舞には、「天狐(きつね)」、「天太(おかめ)」、「獅子」、「もどき」、「狸」などが伝承されている。

⇒詳しくはこちら
山車について
山車について

川越祭りを代表する「羅陵王の山車」は、文久2年(1862)に城下十ケ町の志義町が鎮守氷川神社の祭礼に合わせて完成させている。
「羅陵王の山車」は、いつの時代にも川越氷川祭礼の山車の先導的な役割を担い、注目を集めてきた。その典雅にして華麗なる雄姿は、仲町関係者の誇りであることと同時に、郷土を代表する貴重な文化遺産なのである。

⇒詳しくはこちら
  • 中台囃子連中について
  • 山車の紹介
  • 歴史
  • 活動内容
  • 活動実績
  • 公演依頼
  • スタッフ紹介
川越祭り公式サイト